京生研ホームページは右記に移転しています   http://www.kyoseiken.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
少年・少女自立支援の会

くわのみひまわり青空
「くわのみ」(あやべ少年・少女自立支援の会)
「ひまわり」(乙訓少年支援の会)
「青空」(京都南部少年・少女自立支援の会)

 「くわのみ」は、京都府北部の綾部市地域の小学校・中学校・高等学校に就学する児童・生徒や卒業生の中で、社会的自立において困難を抱えている少年・少女のために、その自立を励まし支援することを目的として、平成25年9月に結成しました。また、本会は、京都府府民生活部青少年課少年の立ち直り支援ユース・アシストチームと連携し、その協力団体としてチームの青少年健全育成活動をサポートすることを目的としています。会名「くわのみ」は、この地がかつては養蚕業の盛んであったことにちなんでつけました。また、これは童謡「赤とんぼ」に出てくる懐かしい響きをもった言葉でもあります。 
 「ひまわり」は、京都府中部乙訓地域の退職教員有志でつくった任意の団体です。これまでの経験を役立て、乙訓の少年の自立支援に取り組みます。学習会(講演会)を連続して行います。また、京都府府民生活部青少年課のユース・アシストチームの協力団体として登録し、少年の学習支援をしています。
 2014年度は新たに府の「ユースコミュニティづくり応援事業」の委託を受けて「ひまわりハウス」を開設し、地域の通信制・定時制高校通学者の学習支援を行うと同時に、参加少年たちの自主活動を支援し、彼・彼女らの地域での居場所づくりをすすめながら、非行問題を抱えた少年の自立をめざします。

 「青空」は、京都府南部(京田辺市・井手町・宇治田原町・精華町・木津川市・和束町・笠置町・南山城村)の退職教員有志でつくった任意の団体です。平成25年9月に結成しました。これまでの経験を役立て、京都府南部の少年・少女の自立支援に取り組みます。学習会・講演会を連続して行います。また、京都府府民生活部少年課のユースアシストチームの協力団体として登録し、少年・少女の学習支援をしていきます。愛称「青空」は、相楽生指サークルのメンバーやかつての同僚からの公募・投票によって選ばれました。様々な抑圧によって暗く沈んでいる少年・少女の心が、地域の協力共同の取り組みの中で爽やかな青空のように輝くように、との思いが込められています。

・・・・・・

連携 京都府府民生活部青少年課ユース・アシスト
協力 京都府生活指導研究協議会(京生研)

・・・・・・
※以下の事業は京都府地域力再生プロジェクト支援事業交付金を活用して行っています。(「くわのみ」「青空」は申請中)

 講演会・学習会   

ひまわり
       
 若い先生企画
 実践講演会としゃべり場
35名参加
終了
5月17日(土)
PM6:30〜
長岡京市中央生涯学習センター
 6F 創作室1 
 教育講演会と
 親と教師のしゃべり場
30名参加
終了
6月7日(土)
PM6:30〜
長岡京市中央生涯学習センター
 3F 特別展示室
 若い先生企画
  実践講演会としゃべり場
 8月下旬  
 若い先生企画
  実践講演会としゃべり場
 10月下旬  
 教育講演会と
  親と教師のしゃべり場
 12月/13  
 若い先生企画
  実践講演会としゃべり場
 1月中旬  
 教育講演会と
  親と教師のしゃべり場
 2月  
 若い先生企画
  実践講演会としゃべり場
 3月  
くわのみ
  
 第一回学習講座と交流 
   
   8/21(木)
PM6:30〜
 綾部市中央公民館2F
  波多野記念室
 教育講演会と交流会
   11/8(土)
PM6:30〜
 綾部市中央公民館2F
  波多野記念室
 第二回学習講座と交流
   1/31(土)
PM6:30〜
 綾部市中央公民館2F
  波多野記念室
青  空
  
 第1回教育講演会
      &交流の広場
   9/6(土)
PM2:00〜
 木津川市中央交流会館
  いずみホール2F会議室
 第2回教育講演会
      &交流の広場
  11/29(土)
PM6:30〜
 木津川市中央交流会館
  いずみホール
 第3回教育講演会
      &交流の広場
   2/21(土)
PM2:00〜
 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
くわのみ
第1回学習講座(佐々木講座)&交流会  案内チラシ



日時 8/21(木) PM6:30〜

会場 綾部市中央公民館 波多野記念室

テーマ 「子どもたちの可能性を信じて」(仮題)

講師 佐々木健さん(元小学校教員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
青空青空
第1回教育講演会&交流の広場
  後援:木津川市・精華町・和束町・笠置町・南山城村・京田辺市・井手町・宇治田原町


日時 9/6(土) PM2:00〜5:00

会場 木津川市中央交流会館 いずみホール

テーマ 「輝くために生まれてきたのだから」
      〜非行・不登校の子どもの体と心からから見た子育てと教育〜

講師 比嘉 昇さん(NPO法人 夢街道・国際交流子ども館 理事長)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
くわのみ
教育講演会&交流会



日時 11/8(土)PM6:30〜

会場 綾部市中央公民館 波多野記念室

演題  「子どもたちは何に苦悩し何を求めているのか」(仮題)

講師 桑原教修さん(児童養護施設「舞鶴学園」園長)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
青空青空
第2回教育講演会&交流の広場



日時 11/29(土)PM6:30〜21:30

会場 木津川市中央交流会館 いずみホール

テーマ 「非行とイジメ どうする どう考える」

講師 藤木祥史さん(京都府府民生活部青少年課ユースアシスト支援コーディネーター)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
くわのみ
第2回学習講座&交流会



日時 2015年 1/31(土)PM6:30〜

会場 綾部市中央公民館 波多野記念室

テーマ 「子ども支援活動から見た親・地域・学校のあり方」(仮題)

講師 藤木祥史さん(乙訓少年支援の会ひまわり事務局長)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
青空青空
第3回教育講演会&交流の広場



(以下予定)
日時 2015年 2/21(土) PM2:00〜5:00

会場 木津川市中央交流会館

テーマ 「ネグレクト・虐待・貧困の中の子どもたち」

講師 杉山 春さん(ルポライター)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2013年度の取り組み
※下記の取り組みは、京都府地域力再生プロジェクト事業交付金を活用しました。

くわのみ   第1回教育講演会 (終了)
30名参加し、終了。感想抜粋。

○さすが楠先生の講演でした。発達障害の理解に必要なものさしや視点をいつも確認、発見させていただいています。しかし……目の前の子どもの具体的な行動に直面したときに、それを十分に生かせない我が身の力のなさを痛感します。(T) 
○振り返ってみると、発達障害、発達の未熟さが問題行動や生きづらさとなっている生徒は多くいたなと感じます。内面をしっかりと気づかせる、考えさせると共に、奥底にある、つながりたい、役に立ちたいという思いを上手く表出させてやることが重要だと感じました。(I)
○具体的な事例を元にお話しいただき、とても参考になりました。発達障害をもった子どもたちのことを、十分理解し受けとめていくことが今までできていなかったと実感させられた。お互いの“view”を理解し合い、お互いの存在を承認し合える“つながり”を築いていけるような学級づくりを今後心がけていかなければならないと感じた。そのためには、私自身が見通しを持ち、具体的な手だてを考えていく必要があると思う。また、自分自身の判断だけで行動するのではなく、他の教師や関係機関を頼ることも大切だと思う。今日のような貴重な講演を今後もたくさん聴き、自分の“子どもの見方”を広げていけるようにしたい。難しい問題ではあるが、前向きに考え行動していきたい。(?)
○発達障害を抱えている子どもたちの苦しみが、今日の話を聞いて少しずつ理解できてきた。楠先生の話は何回か聞いているが、聞くごとに、新鮮さを感じ、自分の知らないことがいっぱいあり、自分自身の学習不足を感じている。現職の時、発達障害を抱える生徒を持ったが、彼を取り巻く周りの生徒とのトラブルは年齢が上がるにつれ、減っていった。周りの生徒が成長したことで、彼を見る眼が変わってきたのでは、と思っている。(A)
○自閉症スペクトラムの問題、今まで十分知らなかっただけに、ものすごく奥行きが深く、子どもの生活に大きな影響を与えている問題だと再認識することができました。(K)
○あらためて学習の必要性を感じました。今回は発達障害が中心でしたが、この背景にある問題や虐待なども、もっと学習したいと思いました。よい講演会でした。今の学級の子、もっと分析していこうと思いました。(K)
○直接指導する教員でなくても、学校職員にこの知識が少しでもあれば、苦しくて教室を飛び出す子どもたちを学校全体で包んでいる空気になるのではないか、クールダウンして、教室に帰りたくなる気持ちに少しでも早くなれる手伝いができるのではないか、と思い、参加しました。大変わかりやすく納得できることばかりで、これからも、もっと学んでいきたいと思いました。大人の話ですが、こちらは本当に仲良くしたいと思い自分の気持ちを一生懸命話したのに、私の言葉の一部分に腹を立てられ、わかり合えなかった経験があり、それもすごく納得できました。あきらめず、仲良くしたいという気持ちを伝えていこうと改めて思いました。ありがとうございました。(事務職員、M)
○学ぶことの大切さを改めて実感すると共に、自らの実践で、子ども理解のない指導がいかに子どもを傷つけていたかという反省の思いに立っています。個別に支援することと、学校全体を機能的に動かすこととの間で、支援ができず、生徒にとって辛い瞬間が多いのだと感じます。まだまだ勉強不足です。また講演会等も含めて勉強したいです。若手や職場の人に声かけして、また来たいです。(Y)
○私が働いている児童施設は、この子達ばかりいます。(情緒障害児短期治療施設、H)

 2/22(土)PM6:30〜
くわのみ 第1回学習講座 (終了)
 立ち上げ講座、24名参集し終了。

 
2013年 12/21(土)PM6:30〜



ひまわり   若い先生向け 実践講演会 (終了)
 「とってもよかったです!子どもへのまなざしが本当にすてきです。こんな教室、すてきだなあと思いました。笑いに変える力,すてきです。同世代,そして同期なだけに,とてもとても刺激になりました。」…(W)
 1/18(土)PM6:00〜
ひまわり   教育講演会・親と教師のしゃべり場(終了)
 
36名参集し終了。
 「私は誰か」というお話,とても興味深く聞き入ってしまいました。自分にも重ね合わせながら聞くことができました。
 私自身は,校内暴力期を知らない世代です。私がちょうど生まれた時期です。でも、今、私の学級の子どもたちの親がちょうど校内暴力期のときなんですね。そう考えたとき,今の子どもたちの価値観はどうやって形成されてきたのか,ということをより深く探るために,やはりこの時期のことを捉えておくことは私には必要なことだと思いました。知ることができてよかった,まだもっと知りたいと思いました。
(略)
 それとともに,自分が生まれ育ってきた時代についてももっと知りたいと思いました。私の時代は「いじめ」「不登校」でしょうか。「いじめ」はごく普通にあったように思います。
 福田先生のお話を聞きながら,自分自身の生きづらさについても考えていました。ずっと「よい子」でありつづけた自分。「よい子」であり続けた自分は本当の気持ちを知らず知らずに抑圧されてきていたと思います。そして,今でも「よい人」であろうとしてしまう自分・・・もしかしたら,自分の生きてきた時代を探ることが自分自身を探ることにつながるのではないかというそんな気持ちになりました。(略)…(W)
 2/15(土)PM6:30〜

青空  第1回教育講演会としゃべり場 (終了)
 旗揚げ講演会87名参集、盛会裏に終了。
 2月1日に行われた「第1回教育講演会としゃべり場」には会場 いっぱいの沢山の方が参加されました。立命館大学教授野田正人先 生に「今の子どもたち 何を考えて どこで大人とずれているの?」 というテーマでお話しいただき、その後、何でも自由に語り合いま した。「うちの子はやんちゃなことばかりして、親がしかってもどん どん反抗的になって、どうしていいかわからない。」「学校は『やん ちゃな子』やその反対に『勉強やスポーツが得意な子』ばかりに目 がいっている。うちの子みたいに『おとなしく何も問題を起こさない子』もきちんとみて欲しい。」「うちの子、学校に行きにくいみたいで…親として悩んでいる。」「脱法ドラッグが若者たちに広がって いるみたいだけど…。」…等々たくさんの声を聞くことができました。…(事務局)
 2/ 1(土)PM6:30〜
青空  「青空」教育講演会&しゃべり場(終了)
 希望と不安と苦しみと悲しみと喜びの交錯するまるで「るつぼ」のような講演会でした。
 まとめの挨拶で言いました。
 今、この部屋の中は様々な思いが交錯する「るつぼ」のようなところです。楠先生の話を聞いてすぐに何かが解決するものではありません。
かえって悶々とした気持ちになるかもしれません。でもたった一つ。「私は一人ではなかったんだ」と言うことは確認できたのではないでしょうか。
 一人一人が思いをつなげもう一度下っ腹に力を入れ直して頑張ろうではありませんか。
 参加者の何人かでも「一人ではなかった。もう少し頑張ってみよう」と家路についたとしたらそこにこそ今日の楠講演会の値打ちがあったように思います。
 辛い職場の中でも、厳しいクラスの中でも、苦しい暮らしの中でも「私は一人ではない」との思いが未来を切り拓きます。
 そんなことを強烈に感じさせられる講演会でした。…(事務局S)

 「青空」の活動の大きな柱の一つである『教育講演会 としゃべり場』。
 今回は  楠先生をお招きして「発達障害と教育と子育て」のお話を聞かせていただきました。沢山の事例をもとに話された内容の深刻さとともに、その分析の的確さに聞き入ってしまいました。また、今回参加された多く方々は、それぞれに抱えたものを持っての参加でしたので、その後のしゃべり場では、その辛い思いをお互いが話し交流する中で、『私は一人ではない 』… そのことを共有することができたのではないかとも感じました。参加者の皆さんのお話を聞きながら、今後の「しゃべり場」の方向性を見つけることのできた今回の講演会になった気がしました。
 二つ目の柱であるホットラインには、数多くの生きづらさを訴える内容が届きます。改めてその深刻さを再認識するとともに、Sさんとタッグを組みながらその一つひとつに丁寧に対応していきたいと思います。…(事務局K)

 2014年3月21日 
ひまわり   若い先生による実践講演会 (終了)

   
 3/21PM7:00〜